葉隠手帳

関連日記:葉隠日記 / 葉隠中文日記

2004-07-18トヨタ流自己改善力

[]トヨタ流自己改善力

トヨタ流自己改善力―「知恵」に限界はない!

おきにいりの書店で背表紙を見て、自己改善力という言葉にこころを引かれ、中身を見ずにレジへ直行。読んでみたところ、自分自身を改善する力という意味ではなくて、組織を組織内の人自身が改善する力という意味合いが大きかったようです。

期待とは違った内容でしたが、とても面白い本です。

ただし、実際に現場で、書籍に書かれているような思いをしていない人には「漠然としすぎていて意味がわからない」という書籍かもしれません。私の場合、いろいろなモノを学習して、それらをうまく現場に取り入れたり、人をどのように育てるかについて考えていた頃に出会った書籍でもあるので、とてもよく内容を理解できました。

2004-06-18好好学習

今年に入って、中国語の勉強をはじめました。以前から中国の文化や映画が好きだったのと、中国人の友達ができたので、ちょうど良い機会だと思ってはじめました。

[]デイリーコンサイス中日・日中辞典

デイリーコンサイス中日・日中辞典

まず最初は辞書です。辞書は一番大切かも。

電子辞書が欲しかったんですが、3万ほどするので、最初は紙の辞書を購入しました。

この辞書は、携帯に便利なサイズです。単語数はそれほど多くないようですが、私のレベルでは十分な単語数ですし、中日と日中が1つの辞書になっていて、持ち歩くときに1冊で済むので重宝しています。

1つ気になるのは、日中辞書の方に、その単語が形容詞なのか、動詞なのか、名詞なのか、何なのか。活用形が記載されていないところです。そのため、単語を使おうと思ったときに、「日中辞書を使って中国語を調べ、中日辞書を使って動詞として使えるかどうかを調べる。」などという手間が発生する場合があります。

携帯性とのトレードオフかもしれませんが、活用形を追記しても、サイズがひどく変わらないのであれば、活用形の記載も欲しいと思いました。

そのうち、自宅や仕事場に置きっぱなしにできる、大きな辞書が欲しいと思いました。あと、電子辞書も欲しいです。最近は、調べた単語を発音してくれる電子辞書もあるみたいで、とても気になっています。

少し話しがそれましたが、この辞書は、手ごろな価格で、多少濡れた手でさわっても、紙が破れたり、インクが滲んだりすることがないので、はじめて買うには辞書とても良い辞書だと思います。

[]中国語発音の基礎 CDブック

CDブック 中国語発音の基礎

発音を、旅行者用のハンドブックのようなもので勉強していましたが、発音がダメでほとんど通じなかったので、この本を買いました。

日本語で言うところの五十音の発音のしかたを、1つ1つ丁寧に説明されていて、CDでも1つ1つ丁寧に発音しています。そのおかげで、難しいと言われている中国語の発音の自己学習が進みました。

自己学習したあとは、中国人の友達に発音チェックをしてもらっています。発音チェックしてもらうと、うまく発音できていないところもあって、なかなか難しいです。3歩進んだと思ったら、2歩下がってる感じですが、確実に進んでいるのがわかるので、とても楽しいです。

[]中国語で歌おう!―カラオケで学ぶ中国語

中国語で歌おう!―カラオケで学ぶ中国語

発音練習をしていると、1語1語の発音ができるようになっても、文章をそれなりの速度で読み上げたり、単語の順番で発音が微妙に変化する箇所を覚えるのが難しかったので、歌を歌って練習することにしました。

歌を歌って覚えることで、機械が発音するような発音から、多少人間味のある発音になったのではないかと思います。

[]中国の子供はどう中国語を覚えるか

中国の子供はどう中国語を覚えるか

文化がわかれば、言葉のニュアンスがわかるようになるのではないかと思って、学習用というよりは、読み物として購入しました。

この本のおかげで、「薬を食べる」という意味がわかりました。そのほかにも、「可愛」と「好看」の違いとか、日本語とは違う言葉のニュアンスを楽しく覚えることができました。

これから中国語をはじめようと思っている人は、最初に読むと良いかもしれません。いきなり、難しい文法書から入っても眠くなってしまうばかりです。雑学をおぼえるように、楽しくおぼえて、それから文法書を見ると、雑学と雑学の点と点が繋がるように理解できるので、眠くならずに楽しく読めると思います。

[]Campus ノ-103B

どこでも手に入る、CampusのA5サイズのノートを使っています。たぶん、学校でよく利用されるのは、もう一回り大きなサイズだと思います。学校では勉強のための机が用意されていますが、会社や自宅ではパソコン用の机の上で勉強するため、大きなサイズだと、ノートを広げる場所がなくなってしまうので、このサイズに落ち着きました。

あと、1ページ1日で書くようにしているので、大きなサイズのノートだと、余白がたくさんあったときにもったいない気がしてしまうというのがあります。

なぜ、1ページ1日かというと、ノートを使ったときは、まず、右上の日付記入欄に日付を記入しておきます。そして、あとで読み返したときに、あの日は他にこんなこともしていた。ということも思い出すので、記憶と記憶の間が繋がって、記憶しやすいような気がするからです。

マインド・マップを利用するときに、罫線は方眼が良かったんですが、同シリーズのノートには、方眼のものがないようなので、横罫線のノートを使っています。

最近、モールスキンのノートが気になっているので、そのうち試してみようと思います。

2004-06-13PORTER TANKER 622-07136

PORTER TANKER 622-07136

手帳を持ち歩く道具ということで、私のかばんです。

今は、吉田かばんのPORTER TANKER 622-07136を使用しています。

以前はPORTER SMOKY 592-07506を使っていて、小さくて持ち回しやすかったんですけれど、ThinkPadを頻繁に持ち歩くようになって、手狭になったので、かばんを新調しました。

私にとって、2つめの吉田かばん製品です。

1つめを買うときは、吉田かばんはメジャーすぎて、いまさら買うのもどうかなと思っていたんですけれど、やはり、良いものは良いということで思い切って購入!

とても気に入りました。

それ以来、吉田かばんのファンです。

新しく購入したTANKERも、とても使い勝手が良いです。

デザインの方は、写真では伝わりにくいですが、質感がとても良いです。表面はナイロン風ですが、安っぽい感じはまったくありません。黒色に深みがあって、心惹かれる質感です。

お気に入りのかばんが、また一つ増えました。

2004-06-01超整理手帳

[]新・「超」整理手帳2004 スペシャル版

「超」時間管理法 (AC MOOK)

本としての内容は、超整理手帳の簡易マニュアルという感じです。メインは付属の超整理手帳のバインダーとカンガルーフォルダ、スケジュールリフィルです。

書店で書籍を物色しているときに、たまたま見かけて、超整理手帳?に以前から興味があったので試しに購入してみました。スケジュールを書き込んで少し試用してみましたが、私にはスケジュール欄が小さいようでした。

電話帳は携帯電話で済んでしまうし、住所録はPalm Desktopに入力してCLIEと同期を取っているのでとくに必要は無い状況です。

また、よく使うメモ(たとえば英会話の練習ときに利用する英語での質問のしかたなど)をA4用紙に印刷して挟んでおいたのですが、紙の枚数が多くなると閲覧し辛くなってしまいました。

たぶん、私の使い方が悪いんだろうと思いますが、私には使いこなせませんでした。A4用紙を持ち歩きやすいサイズにして持ち歩けるという利点はとても興味深いので、今後も使いこなし方法を調べて考えていきたいと思っています。

2004-05-22下午好!

kurohime20040522

筆記用具

フランクリン・プランナーには、 ZEBRA SARASA 0.4mm を使っています。コードバンのバインダーを使っている割には、とても安価なボールペンです。こだわりがないかというと、そうでもなく、 CROSS のボールペンも試してみましたが、今はこのボールペンに落ち着いています。

ボールペンを選ぶにあたって、次のことを気にします。「近所で簡単に手に入る」「ペン先が細い」「インクの色が濃い」「ペン先を簡単に出し入れできる」この4つです。

まず、「近所で簡単に手に入る」ことについてですが、ボールペンはインクの消耗が激しいので、万が一切れたときにすぐに購入できる必要があります。

つぎに、「ペン先が細く」ないと、細かい文字を書きにくいので細い必要があります。さらに、その細いペン先で書いた字の色が薄いと見辛いので「インクの色が濃い」必要があります。

最後に、片手で「ペン先を簡単に出す」ことができないと、書こうと思ったときにすぐ書くことができないので、思考を途切れさせてしまいます。

それらを全て満たすのが、 ZEBRA SARASA 0.4mm でした。近所で簡単に手に入るし、ペン先は細いものから太いものまで選べて、ジェルインクなのでインクの色が濃いです。さらにノック式のボールペンなのでペン先を簡単に出し入れできるので、お気に入りのボールペンです。

[]一冊の手帳で夢は必ずかなう

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法

この書籍は、これから手帳を使おうと思っている人に迷わず進められる書籍の一つです。7つの習慣はとても良い書籍ですが、少し難しい面があり、誰にでも進められる書籍ではありません。そのため、7つの習慣 ティーンズ(こちらは、私はまだ読んでいません)が出ているくらいです。

しかし、「一冊の手帳で夢は必ずかなう」は言葉が平易で短くまとめられており、空き時間にゆっくりメモを取りながら読んでもそれほど時間がかかりません。また、言葉が平易で短いと言っても内容が無いわけではなく、押さえるところはきちんと押さえているように思います。

さらに、手帳を使うにあたって、単純に目先の効率を上げることを考えるだけでなく、夢を叶えるための数ヵ年計画(書籍の中では15年計画でした)を作成し、その計画を成し遂げるためのツールとして手帳を使用する方法が掲載されていました。

間違った方向に効率よく進むほど、効率の悪いことはありませんので、自分自身の夢を最初に深く考え、叶えるための計画をすることはとても良いことだと思いました。お気に入りの書籍が、また一冊増えました。